• 私たちが目指すもの
  • お手伝いできること
  • お客様の声
  • 元気マーケティング講座
  • 無料ダウンロード申込
  • HOME >
  • 私たちが目指すもの

私たちが目指すもの

デザイン力と女性心理であなたの会社の問題を解決します

デザイン力でブランドのイメージ化

ブランド力

好印象を与え価値を正しく伝えることでブランド化につながります

よい商品やサービスを提供していれば売れるかというとそうではありません。買う前から本当によい商品なのかどうかお客さまにはわからないからです。良いものをつくることは前提条件ですが、大切なのは「良さそうに見えるかどうか」です。

他の商品に比べて良さそうに見えるので手にとる。詳細の説明を読んでみても良さそう。だから買ってみようかと思いませんか? まずは商品やサービスの価値が正しく表現できているかが大切です。

買った後は、思った通りよかったのか、思った以上に良かったのか、思ったよりも悪くてもう買わないのかに分かれると思います。思ったよりも悪かったら次は買わない、思ったとおりよかったらリピートしてもらえる可能性がありますが、思ったよりも良かったという反応が出てしまうと、もっと別の商品を探してしまう心理も働きます。

商品やサービスのデザインを表現するときに大切なのは、好印象を与え、商品の価値を正しく伝えることであると考えます。

一人ひとりに合わせた個別マーケティング

個別マーケティング

それぞれ個性により価値観が異なるため個客にあわせたピンポイント接客販売

個性を大きく3つに分類します。1つ目のタイプは、店員さんの人柄や親切な対応、信頼できるお友達からの紹介でお店を選ぶタイプ。2つ目のタイプは、コストパフォーマンスや効果効能、自分自身の価値基準でお店を選ぶタイプです。たとえ友人に紹介されても自分独自の方法でお店を検証し、魅力を感じなければいきません。3つ目のタイプは、ブランド力や社会性で判断をします。有名店やブランドショップ、芸能人の通うお店なども好きです。店内の豪華さやパッケージのかっこよさは必須条件です。

その他の分類の方法でも、それぞれに満足するポイントや納得いくポイントが異なるため、広告を個性に分けて制作することでレスポンス率や制約率も上がってきます。チラシやDM、営業資料や提案資料、店内POPや販促品なども、心理タイプに合わせて制作することができます。 また、太陽暦を基本とした「トキ」のリズムや運勢にあわせたアポ取り、契約日やDM発送時期を相手の個性に合わせて行うことにより、より効果的な広告戦略が可能になります。

女性心理と男性心理、年代によってことなる感覚や価値観

イフ.パレット

最後には女性が決める。女性心理にあわせた販売方法

女性がものを見るときには、素材や質感、温かみや風合いなど、まるで蟻がはいずる様に小さな部分をくまなく一瞬にしてチェックしています。人と会話する時も眉毛の動きや呼吸、血色など小さな情報も見逃さずに確認しています。しかも無意識の中で行いますので、本人にも理由がわからず「なんかいやな感じ」とか「いい雰囲気ね」「ちょっと嘘っぽい」「きっと大丈夫だわ」と嗅ぎ分けていきます。これはどんなに逆立ちしても男性の及ばない領域です。

逆に男性がものを見るときには、周りの空間を認識することから始まります。小さなディティールよりも大きさや重量、他のものとの比較、将来性や効率など女性にはあまり興味のない部分から物事をとらえていくといわれています。 最終決定権が女性にある場合は、やはり女性の目線や意見を取り入れるのは重要のようです。

性別により感覚が異なるのと同じように、年代によっても脳の変化により見える領域が異なってきます。互いに明らかに理解しあうには、相手から学ぶしかありません。あなたの顧客の本当の欲求は見えていますか?

  • 元気マーケティング講座
  • 講演についてのご相談
  • PPC広告無料検討資料申込み
  • ついてるお札名刺(外部リンク)
  • 夢が広がるご縁新聞(外部リンク)

ページ上部へ

株式会社イフ.パレット
1to1共感マーケティング

愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー40F
TEL:052-569-1903 / FAX:0587-91-3882